ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« レーマーピルス | トップページ | アルトビア »

2013年12月15日 (日)

ルス

「Russ」綴る。ロシアのことなのだが、ビールネタの文脈の中では別の意味が生じる。「上面発酵ビールのレモネード割り」のことだ。

1918年ミュンヘン、第一次大戦末期のドイツ革命の波の中、レーテ共和国支持者の集会が居酒屋で開かれた。このときビールの不足を補うためレモネードで薄めたビールが供されたところ、意外においしかったために広まったとされる。当初レーテ共和国は社会主義者の革命から生まれたから、本場のロシアの名前がその飲み物の名に転用されたと説明される。

同じレモネード割りでもハンブルクでは「アルスターヴァッサー」(アルスター湖の水)と呼ばれていることは既に述べたが、ここにささやかな疑問もある。

アルスターヴァッサーは、下面発酵ビールにレモネードを加えるのだが、ミュンヘン起原のルスは、上面発酵ビールがベースになる。ご当地ミュンヘンは下面発酵ビールのメッカだ。上面発酵ビールはミュンヘンにおいては少数のはず。可能性としては小麦ビールヴァイツェンだ。これならば上面が主流だから説明がつく。最初からヴァイツェンのレモネード割りと説明されれば話が早い。

« レーマーピルス | トップページ | アルトビア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルス:

« レーマーピルス | トップページ | アルトビア »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ