ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ラーツケラー | トップページ | その子二十歳 »

2013年12月21日 (土)

岩倉使節団とビール

明治になって、日本に雇われた外国人の本国を調べると英国が他を圧倒している。だからそうした英国人のニーズをまかなうために英国製のビールが多く輸入された。バートンのパス社のものが一番人気だったらしい。

1871年に英国を訪問した岩倉使節団は、同じバートンにあるオーソルップ社の最新鋭ビール工場を視察している。工場の周囲をグルリと一周すれば20kmあり、場内を蒸気機関車が走っていると驚いている。

さらに旅を続けた一行はプロイセンに入る。ドイツ人のビールの飲みっぷりに驚いている。当時プロイセンの人口一人当たりの年間ビール消費量は400リットルで、英国の4倍だ。パブでじっくりと飲む英国に比べて、大勢で車座になって一気飲みばかりのプロイセンの酒量は半端ではない。もっというとバイエルンの年間平均消費量はプロイセンよりさらに多くて465リットル/人だった。

岩倉使節団の報告書「米欧回覧実記」で、ビールの詳しいコメントがあるのは英国とプロイセンだけだが、詳しい製法や味についての記述が無いのが残念だ。

« ラーツケラー | トップページ | その子二十歳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩倉使節団とビール:

« ラーツケラー | トップページ | その子二十歳 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ