ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 鉄道網の発達 | トップページ | ドイツ鉄道の父 »

2014年1月17日 (金)

6044kmの明細

記事「鉄道網の発達」の中で、1850年のドイツ鉄道の総延長が6044kmだと書いた。愛読中の「ドイツ鉄道地図帳」の序文の中に1850年現在の鉄道地図が載っていた。気づいたことをいくつか。

  1. ベルリンから放射状に、ハンブルク、ドレスデン、ハノーファー、ハレ、フランクフルトアムオーデルに延びる鉄道が開通していた。
  2. ハノ-ファーを経由してケルンにも到達していた。
  3. フランクフルトアムマインには繋がっていなかった。
  4. ニュルンベルクミュンヘンは結ばれていた。
  5. フランクフルトアムマインからバーゼルまで結ばれていた。
  6. ベルリンからミュンヘンは直結されていなかった。
  7. 現在のバイエルン州内の東西を結ぶ鉄道は未完成だった。

ブラームス17歳の時点で、まだまだ不便とはいえ、主要都市は何とか結ばれていた状況だが、プロイセンとバイエルン王国は、鉄道で結ばれていなかったということだ。

« 鉄道網の発達 | トップページ | ドイツ鉄道の父 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6044kmの明細:

« 鉄道網の発達 | トップページ | ドイツ鉄道の父 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ