ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 世界のビール図鑑 | トップページ | Warsteiner »

2014年1月 4日 (土)

Gruss Gott

2年前のドイツ旅行最後の夕食はニュルンベルクだった。洞窟風の居酒屋。最後の夕食とあって多くの人がビールを注文した。しばらくしてウエイトレスさんが両手一杯にジョッキを持ってきた。「Bier」といいながら長男と私の間からテーブルにビールを置く。ドイツ語にも慣れてきたメンバーが「Danke」と声をかけている。

私は長男と示し合わせた実験を試みた。ビールを置いてテーブルを離れようとするウエイトレスさんに「Gruss Gott」と声をかけた。「u」はウムラウトになる。カタカナで無理やり表すと「グリュースゴット」という感じ。バイエルン方言で「こんにちは」の意味とされるが、利用範囲はもっと広くて挨拶のシチュエーション全般で使える万能語。列車内の狭い通路ですれ違うときにも使える。車掌が検札のために車内に入って来るときも。駅の案内所で係りの人に声をかけるときも「すみません」のニュアンスでピッタリだ。別れ際「ありがとう」の意味でも違和感が無い。

私から「Gruss Gott」と声がけされたウエイトレスさんの反応は劇的。満面の笑顔でこちらに振り向いて「Gruss Gott」と答えてくれた。長男と顔を見合わせて効果の程を喜んだ。彼らからすれば日本人がバイエルン方言で呼びかけてくれるなど想定外だったに違いない。事前にこのバイエルン方言については調べていたが、やっぱり現地方言で声をかけると喜ばれる。なんだかビールがうまかった。バイエルン地方にお出かけの予定がある方はご記憶を。

« 世界のビール図鑑 | トップページ | Warsteiner »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gruss Gott:

« 世界のビール図鑑 | トップページ | Warsteiner »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ