ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 音楽一家 | トップページ | 産業革命と鉄道 »

2014年1月25日 (土)

青島ビール博物館

終わったはずのビール特集を蒸し返している。

昨日、中国・青島から帰国した。帰国日のあわただしい中、少しだけ青島ビール博物館に立ち寄ることが出来た。同社の創業は1903年創業だから今年が111年目にあたる。創業100年を記念して2003年に創業の地に作られた博物館だ。1898年以降青島はドイツの租借地だった関係で、ビールの需要があった。作られたのはもちろんドイツ風のラガーだ。

駆け足での見学だったが、素晴らしかった。昨日の午後から春節の休館に入る予定だったので、見学できたのは幸運だ。現役の工場の敷地内でありそれが、同時に創業の場所だということで、ただならぬ風格があった。展示された古い機械には「Siemens」の刻印もあった。そりゃもう面白くて面白くて時間が経つのも忘れた。キリがないので画像で紹介することにした。

2014012418190000_1

これは正門の看板。↑

2014012420280001

チケット。↑

2014012418190000

昨日はちょうど私の誕生日。↑

2014012420440000 

市街には、旧ドイツ総督府の跡や、砲台の跡も残されていると聞いていたが、時間が無いのでこちらを選択した。正解だった。

« 音楽一家 | トップページ | 産業革命と鉄道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青島ビール博物館:

« 音楽一家 | トップページ | 産業革命と鉄道 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ