ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 国産機関車 | トップページ | 鉄道敷設ラッシュ »

2014年1月28日 (火)

機関車の愛称

鉄道初期には、機関車の数もそう多くはなかったから、1両ごとのに愛称がつくことも多かった。北海道を走った「弁慶号」「義経号」などが有名だが、ドイツでも機関車に愛称をつけることがあった。

1835年12月7日に開通したドイツ初の鉄道に投じられた機関車は「アドラー号」といった。「鷲」の意味である。鷲はドイツを象徴する鳥である。1839年に完成したドイツ国産機関車第1号は「サクソニア」と名付けられた。「ザクセン」のラテン語形だ。アルプス越えのゼメリンク鉄道用機関車のコンペに勝ったのは「ババリア号」で、これは「バイエルン」のラテン語形だったが、構造が複雑で実用面に疑問符がついたたために、改良型の「カペレン」に取って代わった。これは星座の「カペラ」だ。

一方オーストリア初の鉄道では開業時に6両の機関車が英国から輸入された。

  1. アウストリア
  2. モラヴィア
  3. ヴァルカン
  4. ヴィンドボーナ
  5. ヘラクレス
  6. サムソン

このうち5と6は、力のありそうな神話の登場人物だが、残りは地名だ。「アウストリア」は「オーストリア」で、ドヴォルザークが泣いて喜ぶ「モラヴィア」、「ヴァルカン」はヴァルカン半島で有名な地域名。「ヴィンドボーナ」はウイーンの古名だ。

走る地域の事情を思い切り背負ったネーミングが微笑ましい。

« 国産機関車 | トップページ | 鉄道敷設ラッシュ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機関車の愛称:

« 国産機関車 | トップページ | 鉄道敷設ラッシュ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ