ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 取材旅行 | トップページ | 音楽一家 »

2014年1月23日 (木)

実地査察

ニュルンベルクで午後まるまるの自由時間をどのように使うか悩んだ。ICEに乗って隣町に行くことに決めたのだが、その街をレーゲンスブルクにした理由に触れておく必要がある。

街にはドイツ最古のソーセージ屋台がある。何よりドナウ川を見ることができるのが大きい。日本からの飛行機がフランクフルトに近づくとき、ハンブルクの上空でエルベ川を超える。このときに飛行機の窓から眼下のエルベ川を撮影しておいた。デュッセルドルフ、ケルン、ボンではライン川を眺めることが出来るから、無理してドナウを見に行くことでドイツ3大河川を全部カメラに収めることが出来るというおバカな企画だ。

これらに加えて決定打となった事情がある。

1896年5月22日静養先のバートイシュルでクララ・シューマンの訃報を受け取ったブラームスはただちにフランクフルトに向かうのだが、ヴェルスで乗り換え損ねて、リンツまで乗り過ごしてしまう。そこからもう一度ヴェルスに引き返してフランクフルトに向かったわけだ。

そこからフランクフルトまでの道のりの中に、今回出かけたレーゲンスブルク-ニュルンベルク間が含まれる。私がレーゲンスブルクからニュルンベルクに戻る帰路は、クララ死すの悲報に憔悴したブラームスの列車行と一致することになる。もちろん当時はICEではないから、もっと時間がかかったはずだ。

« 取材旅行 | トップページ | 音楽一家 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実地査察:

« 取材旅行 | トップページ | 音楽一家 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ