ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 6044kmの明細 | トップページ | 確認が必要 »

2014年1月18日 (土)

ドイツ鉄道の父

フリードリヒ・リストFriedrich Lists(1789-1846)は、ヴュルテンブルク州ロイトリンゲン生まれの経済学者。思想的には反メッテルニヒだったために米国に亡命。やがてザクセン王国米国領事となる。1825年にザクセン王国に帰国。スティーブンソンの推薦もあって同国の鉄道敷設を指導する。1833年には「ザクセン鉄道体系」という論文を発表した。まだドイツに1mもレールが敷かれていない段階での先見的な論文だ。ドイツ国内の鉄道網をどのように整備発展させるべきかを詳細に論考し、路線の選定にとどまらず、収支見込にまで踏み込んでいる。ザクセン王国の官僚でありながら、その視点は全ドイツを見据えたものだったために次第にザクセン王国内で孤立するに至った。

1846年にピストルで自ら命を絶ったが、その後のドイツの鉄道は彼の論文の通りに敷設されていったことで、先見性が再評価されるに至った。

« 6044kmの明細 | トップページ | 確認が必要 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ鉄道の父:

« 6044kmの明細 | トップページ | 確認が必要 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ