ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 一年の歳月 | トップページ | 先に言い訳 »

2014年1月13日 (月)

ビールから鉄道へ

ブログ「ブラームスの辞書」の展開の話。お気づきの諸兄も少なくあるまい。先日幕を下ろした「ビール特集」の終盤近く、12月7日の鉄道記念日を筆頭にいくつかの鉄道ネタを配置した。実はこれが、次なる「鉄道特集」の準備だった。ビールと鉄道の密接な関係を仄めかす導入部のつもりだ。

「ビスマルク」「ビール」「鉄道」には共通点がある。事実上それらはブラームスの時代を効率よく映し出す鏡だ。ビスマルクの時代はブラームスの生涯と重なり、同時にビールや鉄道の勃興期にもなっている。ブラームスと直接関係の無い記事でも、無理を承知で発信する理由はそこにある。「鉄道」はその第3弾となる。

加えて「鉄道」には「ビール」「ビスマルク」との決定的な違いがある。私自身が幼い頃から「鉄道」が好きだったとうことだ。その起源はブラームスへの傾倒以前に遡る。ブラームスと鉄道の接点は欧州に限られるから、日本の鉄道の知識では限界がある。ここ最近欧州の鉄道事情を調べることで、昔の感覚を思い出した。

既に今日の段階で用意した記事が170本ある。もちろん全てがブラームスと直接関係するわけではないが、楽しさは規格外である。順調に公開が進んだとしてゴールは夏になる。

« 一年の歳月 | トップページ | 先に言い訳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビールから鉄道へ:

« 一年の歳月 | トップページ | 先に言い訳 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ