ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ゼメリンク鉄道 | トップページ | トンネルの噂 »

2014年2月11日 (火)

命拾い

宰相就任後、ビスマルクは少なくとも2回暗殺未遂事件に巻き込まれている。1866年と1874年だ。2回ともビスマルクは命に別状なく、政治生命は保たれたばかりか、事件を巧みに利用して反対派に圧力をかけた。

実は命拾いがもう一度あった。プロイセン宰相就任の10年ほど前、ドイツ連邦議会プロイセン公使時代、ビスマルクはオーストリアに視察を挙行した。当時佳境にさしかかっていたゼメリンク鉄道の工事現場を訪れたのだ。世界で初めてアルプスを越える鉄道だから、トンネル、鉄橋などの当時最先端の鉄道技術の粋を集めた工事。

海の無い内陸の帝都ウィーンから、他国の土地を踏まずに港に出たいハプスブルク家は、現イタリア領のトリエステまでの鉄道を計画した。その鉄道の難所がゼメリンク峠だ。直線で21kmの距離にその倍のレールを敷いて越える難工事で、およそ20000人が作業にあたり約700人が犠牲になった。

その視察の折に事故が起きた。ビスマルクが歩む足場が崩れたのだ。近くの岩棚にしがみついで危うく難を逃れたらしい。このときビスマルクが落命したら世界史は少し変わっていたかもしれない。

« ゼメリンク鉄道 | トップページ | トンネルの噂 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 命拾い:

« ゼメリンク鉄道 | トップページ | トンネルの噂 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ