ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ドイツ最古のトンネル | トップページ | シュロースベルク »

2014年2月23日 (日)

アウディトンネル

面白い名前のトンネルを発見した。長さ1258mで、つづりは「Audi」だから名高い自動車メーカーと一致する。さすがドイツ。トンネルにネーミングライツかと心が躍った。ついでに「ダイムラートンネル」「フォルクスヴァーゲントンネル」「メルセデストンネル」がありゃせんかと捜したが、見つからない。「ジーメンス」「クルップ」「ルフトハンザ」などの大企業名を冠したトンネルは他にない。それもそうで、通過のたびにいちいちトンネルの名前が車内でアナウンスされたりしないから、広告効果は高くはあるまい。

トンネルの名前は一般に、そのトンネルが貫く山や峠、あるいは山塊の名前が用いられる。それらを語幹に据えて、後は「新」「旧」「大」「小」「東」「西」「南」「北」「第一」「第二」の言葉で微調整が施される。だから「アウディトンネル」は「アウディ山」を貫いているのが自然だが、アウディ山は見当たらない。

ニュルンベルクからインゴルシュタットにかけてICE専用軌道が建設され、ドイツでは数少ない時速300km運転が実行されている。その新線がインゴルシュタット市街で在来線から分岐する部分に「アウディトンネル」が掘られている。インゴルシュタット市内だから山岳トンネルではない。よくよく見るとインゴルシュッタットノルド貨物駅の東側一帯がアウディ社の工場になっている。アウディトンネルは、工場の広大な一角の下をくぐっているということだ。

« ドイツ最古のトンネル | トップページ | シュロースベルク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウディトンネル:

« ドイツ最古のトンネル | トップページ | シュロースベルク »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ