ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 鉄道連隊 | トップページ | ドイツ鉄道経営者連盟 »

2014年2月 5日 (水)

鉄道論

1887年(明治20年)に日本陸軍参謀本部が明治天皇に日本の鉄道のあり方について上奏した。この内容が興味深い。以下骨子。

  1. 鉄道の路線決定は戦時輸送に配慮しなければならない。
  2. 単線の鉄道は不可。
  3. 軌道幅は広軌を採用すべし。
  4. 路線は海岸線から3キロ以上離して敷設せよ。

当時の参謀本部長は1879年に就任した山県有朋が健在だった。おまけに1885年にはドイツ陸軍参謀本部長のモルトケ将軍が推薦するメッケルが参謀少佐として参画していた。上記の上奏は、ドイツというよりプロシア陸軍の考え方をそのまま踏襲したものだ。

日本の鉄道は英国からの技術導入で産声を上げたのだが、この時点ではすでにプロシア流の考え方にシフトしていた。普墺戦争や普仏戦争の目覚しい戦果から、鉄道の軍事利用が不可欠の考え方に傾斜していた。英国は鉄道の母国ではあるけれど、それはあくまでの産業革命のツールであって、軍事利用は置き去りになっていた。島国英国の国防の中枢はあくまでも海軍であった。同じ島国の日本が国防面でも陸軍主導なのはひとえにプロシア留学経験者が主流になっていたせいだ。

陸軍参謀本部の上奏は無敵の説得力だった。しかし帝都と関西を結ぶ鉄道は内陸を通らずに太平洋側を走ることになった。理由は単純。財政難だ。内陸を通すのは技術的な難易度が高く、建設費が高くつく。開通済みの新橋横浜間の有効利用も出来る東海道ルートが採用された。

« 鉄道連隊 | トップページ | ドイツ鉄道経営者連盟 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道論:

« 鉄道連隊 | トップページ | ドイツ鉄道経営者連盟 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ