ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 汽機街車 | トップページ | パリのドイツ人 »

2014年3月17日 (月)

演習場と鉄道

「独逸日記」によれば1885年8月から9月にかけて、森鴎外はザクセン陸軍の演習に同行している。記事「ムルデの東」では、そこに現れる地名に言及した。

先ごろ買い求めた「EISENBAHN」ATLAS」で、その一帯を調べてみた。演習地になった一帯に鉄道跡を示す線が克明に描かれていた。そこには今は無き路線とともに駅名も添えられている。

  1. Trebsen
  2. Nerchau
  3. Gornevitz
  4. Denkvitz
  5. Cannevitz
  6. Wagelvitz
  7. Mutzschen
  8. Grimma

この8つの駅名は、演習参加中の鴎外が日記に記した地名と一致する。先般「ムルデの東」を書いたときには道路地図だけを参照していたから、地名は探し当てていたが、昔そこに鉄道が敷かれていたとは気づかなかった。

問題は、鴎外が演習に参加した当時、鉄道が運営されていたかどうかだ。鴎外は演習に参加するために、ドレスデンからライプチヒ方面行きの列車に乗り、Machernという駅で降り、そこから軍差し回しの馬車でTrebsen(上記1)に入っている。翌日またまた馬車でNerchau(上記2)に移動している。当時もし地図記載通りに鉄道があれば、ここNerchauまで列車で来ることも出来たはずだ。当時は鉄道が敷かれていなかった可能性が高い。

また上記3のGornevitzから上記7のMutzschenまでは、別の鉄道が東西に敷かれている。陸軍の演習に加わってこのあたり一帯を縦横無尽に走り回っていたハズの鴎外が、この鉄道線に一言も言及しないのは不自然だ。線路が敷かれていなかったと考えるのが自然だと思う。

« 汽機街車 | トップページ | パリのドイツ人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演習場と鉄道:

« 汽機街車 | トップページ | パリのドイツ人 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ