ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 鴎外のチェコ | トップページ | 西洋事情 »

2014年3月26日 (水)

鴎外のドナウ

1886年8月9日、独逸日記によれば鴎外は、ミュンヘンからベルリンに赴く。もちろん列車。午前7時30分にミュンヘンを発つ。レーゲンスブルクを過ぎたあたりで以下の記述が見える。

「細流の石間にせんせんたるを見る」

「せんせん」は難しい漢字で打てない。鴎外の記述を豊かに彩る漢語表現なのだが、パソコンで簡単に打てない漢字が多くて興ざめだ。注には「浅い水がよどみなく流れる様」とある。「細流」はもしかするとドナウ。2012年3月のドイツ旅行のとき、自由時間を利用してニュルンベルクからレーゲンスブルクに向かった長男と私は、進行方向左側に目を凝らした。レーゲンスブルクに到着する直前にドナウ川が見えるからだ。実際に見えたドナウの印象から、先の鴎外の表現がドナウであると直感したのだが実際にはおそらくナープ川である可能性が高い。このとき鴎外の座席はおそらく進行方向の右側。

« 鴎外のチェコ | トップページ | 西洋事情 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鴎外のドナウ:

« 鴎外のチェコ | トップページ | 西洋事情 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ