ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« コーヒー断ち | トップページ | 全曲初演 »

2014年4月 9日 (水)

世界を変えた50の鉄道

ご機嫌な書物のタイトル。パラパラとページをめくって即買いだった。19世紀以降の世界史が鉄道の路線を切り口に語られる。鉄道史と世界史の接点をオタクにズームしてくれる。コラムや写真が充実していて飽きない。単一の路線の話題に終始することもなく、必要に応じてほかの路線の話に脱線するから、言及される路線の数は50に留まらない。

著者は英国人だ。50のうち14が英国の路線になっているけれど、産業革命を牽引した英国であるから、偏重の印象にはならない。気になる日本は1964年の新幹線開業だけが採用されている。1872年の新橋横浜間開通など、スルーされている。世界史的に見ればこんなものかとかえって納得した。

複数の国を跨ぐ路線がドイツを通過しているケースや、他の路線の話題の途中で引用されるケースを除くとドイツの路線はわずか2回しか取り上げられていない。ニュルンベルク-フュルト間のドイツ初の鉄道と、ベルリンーハンブルク鉄道を走った「空飛ぶハンブルク人号」の2回。オーストリアは世界遺産ゼメリンク鉄道だ。私が入れ込んでいるドイツ鉄道の世界史的な位置が確認できる。

« コーヒー断ち | トップページ | 全曲初演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界を変えた50の鉄道:

« コーヒー断ち | トップページ | 全曲初演 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ