ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 鉄道と自動車 | トップページ | ミカド »

2014年4月28日 (月)

謝肉祭

ドヴォルザークの作品番号92を背負う序曲。「自然と人生と愛」と命名された序曲三部作の一角を為す。アメリカに渡る直前1891年にヴィソカーの別荘で成立したと目され、プラハ大学への名誉博士号の返礼とされた。

何よりも次女たちのオーケストラの後輩37代がコンクールに取り上げたというだけで、特別な位置づけになっている。一年間をかけて磨き上げた最愛の一品である。コンクール、オーケストラフェスタ、欧州公演という具合に完成度を高めてきた。

そして鉄道特集の真っ只中で、本日このことに言及するには訳がある。1892年4月28日、序曲「謝肉祭」は作曲者自身の指揮によりプラハで初演された。スペシャルコンサートまでおよそ2週間のこの時期に作品の記念日があるというのがありがたい。律儀に言及しておくことで、ドヴォルザークのご加護を特盛で当てにする次第である。

Believe teacher,Believe friends and Believe music!

37代引退公演・第21回スペシャルコンサートまであと13日。→こちら

« 鉄道と自動車 | トップページ | ミカド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謝肉祭:

« 鉄道と自動車 | トップページ | ミカド »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ