ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 宇佐のクラウス | トップページ | 機関車ヨハネス »

2014年4月22日 (火)

望み薄

蒸気機関車を調べる目的の一つは、ブラームスが見た機関車の特定だった。意気込んではみたもののこれといった情報が無い。20世紀以降の機関車については、かなり細かいことがわかるのだが、19世紀の情報が薄い。

ましてやドヴォルザークはお手上げだ。自宅近くのプラハ中央駅に頻繁に足を運び、出入りする機関車の形式を暗記してしまったエピソードがしばしば語られるのだが、当時のハプスブルク王国内の機関車については、ドイツよりももっと難しい。

37代引退公演・第21回スペシャルコンサートまであと19日。→こちら

« 宇佐のクラウス | トップページ | 機関車ヨハネス »

コメント

<親1さま

はい。昨日、一昨日と貴重な国際交流を経験できました。
なんて幸せな子どもたち。

時代は21世紀

昨日、E217系に乗り込むバンベルク人
をJR稲毛駅で見かけました。
最高時速は120kmだそうです。

音楽を愛する若者達にとってどんな
乗り心地だったでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 望み薄:

« 宇佐のクラウス | トップページ | 機関車ヨハネス »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ