ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 蒸気機関車運行総覧国外編 | トップページ | 鉄道と自動車 »

2014年4月26日 (土)

みんなSLが好き

日本でも欧州でも人々は蒸気機関車が好きなのだと実感する。ドイツには現在でも、あんなに多くの路線で蒸気機関車を運行している。ドイツの周辺国でも同様な傾向が見て取れる。

ブラームスの生きた時代は、鉄道といえば蒸気機関車だから、特段の愛情が蒸気機関車に注がれたわけではない。けれども人々はその後の電気機関車やディーゼル機関車あるいは電車の台頭を経て、蒸気機関車に愛情を注ぐようになった。

現代の蒸気機関車の運行状況を一覧化しようと欲したのは、それらのどれかにブラームスが乗車した可能性を追求したかったからだが、やっているうちに考えが変った。現在蒸気機関車が運行されている路線は、全て幹線ではないと思っていい。一方ブラームスの鉄道利用は、演奏会が開かれるような街と街の間の移動だ。そういう路線は今では幹線になっていて、蒸気機関車の運行を止めている。その切り口は早々にあきらめたのだが、やっていて面白いので手が離せなくなった。

本日のこの記事が鉄道特集開始から100本目の記事。

37代引退公演・第21回スペシャルコンサートまであと15日。→こちら

« 蒸気機関車運行総覧国外編 | トップページ | 鉄道と自動車 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんなSLが好き:

« 蒸気機関車運行総覧国外編 | トップページ | 鉄道と自動車 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ