ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 演奏会のお誘い | トップページ | 遠距離恋愛 »

2014年4月14日 (月)

伝記鉄道学

私の造語。「電気鉄道」の洒落ではない。

鉄道が大いに普及した19世紀後半に活躍した偉人たちの伝記に現れる鉄道の痕跡を深く探りたいという思いを大袈裟に表現した。一般に伝記の執筆者は、その道の権威だ。対象の人物研究の専門家が書く。それはそれでとても貴重なのだが、必ずしも鉄道マニアとは限らない。主人公と鉄道の関係など描写されないのが普通だ。

ところが、伝記に記述があろうとなかろうと、当時の鉄道情勢が理解出来てくると、主人公の行動がたちまち立体的になる。10日11日12日の記事がその代表だ。

  1. 主人公の旅 鉄道の利用無しには絶対に成立しない旅程になっている。
  2. 都市訪問 訪問順序が駅の配置の通りになっている。
  3. 避暑地選び 鉄道開通により便利になった避暑地を選択している。
  4. 演奏会 会場選びが駅の順序通り。

どれもこれも状況証拠ばかりで直接の裏付けに乏しい場合も多いが、こうした現象は1度や2度ではない。ブラームスの略年表に、ドイツ鉄道史のエポックをプロットしてみると納得させられることが多い。日に日に路線が延びていった19世紀後半のドイツは、まさにうってつけだ。この先、ブログ内で言及させていただく。

37代引退公演・第21回スペシャルコンサートまであと27日。→こちら

« 演奏会のお誘い | トップページ | 遠距離恋愛 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝記鉄道学:

« 演奏会のお誘い | トップページ | 遠距離恋愛 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ