ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヘンシェル・ヴェークマン・ツーク | トップページ | マイニンゲン蒸気機関車工場 »

2014年4月18日 (金)

推定シェア

ブラームスを乗せて走った機関車を知りたいと調べていて見つけた。ミネルヴァ書房刊「近代ヨーロッパの探究」の14巻「鉄道」にうってつけの記事があった。1850年時点での蒸気機関車メーカーの一覧。初の製造から1850年までの製造総数と、主な納品先が書かれている。

  1. ボルジッヒ(ベルリン)51%。プロイセンの各鉄道。
  2. ケスラー(カールスルーエ)24%。バーデン、バイエルンなど。
  3. マッファイ(ミュンヘン)10%。バイエルン、ヴュルテンベルクなど。
  4. エスリンゲン(エスリンゲン)5%。ヴュルテンベルクだけ。
  5. ハルトマン(ケムニッツ)4%。ザクセン。
  6. エゲストルフ(リンデン)4%。ハノーファー、ブラウンシュヴァイク。
  7. ヘンシェル(カッセル)2%。北部鉄道など。
  8. ヴェーレルト(ベルリン)1%。プロイセン東部鉄道。

1850年の段階ではブラームスの行動範囲はハンブルク近郊に限定されていたから、ブラームスが普通に見ていた機関車はボリジヒかヘンシェルだと推定できる。レーメニとの演奏旅行では、上記2社のほかに、ハルトマンとエゲストルフが加わったものと考えられる。ドイツの蒸気機関車の2両に1両はボルジヒだったが、各領邦ごとに見ると偏在が認められる。

37代引退公演・第21回スペシャルコンサートまであと23日。→こちら

« ヘンシェル・ヴェークマン・ツーク | トップページ | マイニンゲン蒸気機関車工場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 推定シェア:

« ヘンシェル・ヴェークマン・ツーク | トップページ | マイニンゲン蒸気機関車工場 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ