ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ドイツ初のD-zug | トップページ | 鉄道員 »

2014年4月 5日 (土)

鉄道楽団

1830年に最初の開通を見て以来、鉄道は経済界、産業界のリーダーであり続けた。バカにならない建設費がかかるのだが、一旦完成してしまえば儲かることに人々はすぐに気づいた。富と人材が鉄道会社に集まると、彼らには社会や地域のリーダーという自覚が生まれ、利潤を還元しようという気風が主流になる。

多くの従業員の中には音楽愛好家もいて、彼らは会社の後援を得ながら音楽活動を始める。英国の記録で恐縮だが1852年クリスマスにドンカスターで機関手たちがブラスバンドを組織する。こうした動きは英国各地に広がり、各地の鉄道工場に波及する。1860年にはグレートイースタン鉄道でコーラスグループが結成された。

こののちドンカスターの吹奏楽団はオーケストラにまで発展したという。

« ドイツ初のD-zug | トップページ | 鉄道員 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道楽団:

« ドイツ初のD-zug | トップページ | 鉄道員 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ