ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヴィンゼン考 | トップページ | 説得の材料 »

2014年5月 2日 (金)

怒涛の1853年

シューマン邸を訪問した10月1日があまりにも有名だが、この年はそれ以前にいろいろな出会いがあった。

  1. 4月 レーメニーと演奏旅行。ハンブルク→ハノーファー。当時はハンブルクの対岸ハールブルクが基点だったが、当時でも鉄道で辿ることが可能だ。間違いなく移動は鉄道だった。ちなみにハノーファーではヨアヒムと会った。
  2. 5月 リューネブルク→ツェレ。この時点でハンブルクから鉄道で行くことが出来た。レーメニとの演奏旅行は、鉄道で行ける街を選んでいると言える。
  3. 6月 ハンブルク→ワイマール。鉄道で辿れる。同地でレーメニと決別。ワイマール→ゲッティンゲン。ヨアヒムを頼ってゲッティンゲンに行くのだが、1853年当時ゲッティンゲンには鉄道が敷かれていなかった。同駅の開業は1854年7月31日を待たねばならない。だからワイマールからカッセルまで鉄道を使い、そこから馬車に乗り換えたと思われる。
  4. 8月 ラインへ一人旅。伝記にははっきりと徒歩旅行と書いてある。ただし、ゲッティンゲンからライン地方(ボン、ケルン、メーレム)まで歩いたのかどうか不明。ゲッティンゲンから北のヒルデスハイムまで馬車で出れば、そこからハノーファーを経由してケルンやボンまで鉄道で行ける。ライン地方内徒歩だったのかライン地方まで徒歩だったのか不明。
  5. 9月 デュッセルドルフ おそらくボンから歩いたと思われる。リュックサックを背負っていたと伝えられる。

ブラームスの母は、レーメニと別れた息子がゲッティンゲンに滞在していることを心配したと伝えられている。名高いヴァイオリニスト・レーメニとリストを訪ねたワイマールに比べれば鉄道も通じていない田舎街だと感じたとしても不思議ではない。

37代引退公演・第21回スペシャルコンサートまであと9日。→こちら

« ヴィンゼン考 | トップページ | 説得の材料 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怒涛の1853年:

« ヴィンゼン考 | トップページ | 説得の材料 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ