ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 説得の材料 | トップページ | 初ベルリン »

2014年5月 4日 (日)

地下鉄は無理

世界最初の地下鉄は1863年開業のロンドンだ。1905年に電化されるまで、蒸気機関車が引っ張っていらしい。乗客は煙にまみれていたハズだ。ドヴォルザークは1884年以降、全部で9回渡英したのだが、伝記には地下鉄についての言及が見当たらない。

さて英国嫌いのブラームスが地下鉄に接した可能性は欧州大陸内で探さねばならない。ドイツ最初の地下鉄は1902年のベルリンだし、ハンブルクはさらに遅い。ウィーンに至っては1976年の開業だった。1896年5月2日開業のブダペストしか可能性がない。ブラームスはこの日まだウィーンにいた。15日にイシュルに出かけ、20日にはクララの訃報を受け取る。クララの葬儀にかけつけて28日にはイシュルに戻る。6月にウィーンで体調を崩し、チェコのカルルスバートで療養したもののまた、ウィーンに戻る。翌年4月にウィーンで亡くなるまでずっとウィーンを離れていないから、結局ブダペストの地下鉄には乗れなかった。

ロンドンの地下鉄の噂を聞いた可能性がわずかながら残っているだけである。

37代引退公演・第21回スペシャルコンサートまであと7日。→こちら

« 説得の材料 | トップページ | 初ベルリン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地下鉄は無理:

« 説得の材料 | トップページ | 初ベルリン »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ