ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 三軌間併存 | トップページ | 軌道幅リスト »

2014年5月24日 (土)

狭軌電化区間

旧国鉄、現在のJR各社は新幹線以外の路線で狭軌1067mmを採用していたから、一般の日本人にとって電化された狭軌区間などありふれたものだ。ところが96%が標準軌1435mmのドイツでは、そもそも狭軌自体が少ないうえに、幹線ではない狭軌区間を電化するというのは相当例外になる。同じ狭軌でも非電化路線ならば、田舎に行くと頻繁に存在するし、蒸気機関車を運行するような観光路線ではそれが呼び物にもなっている。以下にその訳アリ感満載の狭軌電化区間を地図から拾い上げる。

  1. ミュンヘベルク⇔ブッコウ ベルリンの東60kmくらい。蒸気機関車も運行している。
  2. キーファースフェルデン⇔ヴァヒテル バイエルン南端クーフシュタイン近郊。
  3. ガルミッシュパルテンキルヘン⇔ツークシュピッツェ ドイツ最高峰への登山。

実際これっぽっちしかない。

ところが山岳国スイスでは軌道幅に関係なく電化が非常に進んでいるから面白い。

« 三軌間併存 | トップページ | 軌道幅リスト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狭軌電化区間:

« 三軌間併存 | トップページ | 軌道幅リスト »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ