ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 初ベルリン | トップページ | 開通式 »

2014年5月 6日 (火)

ベルリンハンブルク鉄道

プロイセンの首都とドイツ随一の港を結ぶ大動脈。ベルリンハンブルク鉄道会社によって建設が進められた。1842年に開業したハンブルク-ベルゲドルフ鉄道は、単なる部分開業と位置づけることが出来る。ベルリン-ハンブルク間の全通は1846年12月15日。

建設を進めたベルリンハンブルク鉄道会社の理事に、あのモルトケが名を連ねていた。参謀本部に所属していたモルトケが理事就任を要請されたという。1841年から4年間の在職だったので全通の時にはその職を辞していたが、それ以降のモルトケの経歴を考えるといわばエポックである。

このときの鉄道への濃厚な関与が、参謀総長としてのモルトケの発想の根幹を形成することになる。モルトケにとって軍隊の動員とはすなわち鉄道輸送の問題だというシンプルな公理に到達する。周囲に障壁がないというドイツの地理的弱点を克服するために、モルトケが用意した答えがまさに鉄道の高度利用であった。

37代引退公演・第21回スペシャルコンサートまであと5日。→こちら

« 初ベルリン | トップページ | 開通式 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルリンハンブルク鉄道:

« 初ベルリン | トップページ | 開通式 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ