ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 郊外電車 | トップページ | いよいよ今日 »

2014年5月10日 (土)

イタリアンエキスプレス

音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第3巻145ページに厄介な記述がある。ヨーゼフ・ヴィトマンがブラームスと同行したイタリア旅行について証言している。気になるのは以下の件り。

「ブラームスはフロイントと、アンコーナ経由でウィーンに向かう汽車に乗り込んだ」

詳しい状況を少し加える。1893年5月7日、60歳の誕生日をナポリで過ごしたブラームスが、ウィーンに引き返すルートを1文で記したものと考えていい。日付はおそらく8日~10日あたりと推定される。フロイントとは人名で、イタリアに同行したハンガリーの音楽家だ。

何が厄介かというと、何よりも今ナポリ-ウィーン間に直通列車はない。当時はあったのだろうか。伊墺間の国際特急は、全てローマ止まりで、ナポリへは乗り換え必須になっている。しかも乗換えが発生するとしたら、ローマが自然だ。

ところがこの文を素直に解釈すると「ウィーンとナポリに直通列車があった」「それもアンコーナ経由」というように読める。ナポリは「イタリア長靴」のすねのあたり。アンコーナは反対側、ふくらはぎのあたり。ナポリからイアリア半島を横切ってアンコーナに辿りつかねばならない。現代の鉄道地図で見る限り、その路線にはいくつか候補があるけれど、どれも幹線とは言えない。「ローマ経由じゃなさそう」に見せかけて実はローマに到達したのち、アンコーナ周りになっていた可能性もあるにはある。

  • 疑問① 当時はナポリ-ウイーンに直通列車があったのか?
  • 疑問② その直通はローマ非経由のアンコーナ回りとすると、イタリア半島横断のルートはどこか?
  • 疑問③ ナポリ→ローマ→アンコーナという経路の直通列車があったのか?

アンコーナまでたどり着けば、そこから先はウィーンまで当時も今も大幹線となる。ボローニャを経由してやがてヴェニスに至る。ナポリからベルンに戻った友人ヴィトマンは、ヴェニスで投函されたブラームスからのハガキを受け取っているから、ヴェニス経由は明らかだ。ヴィラッハでオーストリアに入り、やがて名高いゼメリンクを通ってウィーンにたどり着く。このルートがとても自然であるだけに、ナポリ-アンコーナ間の記述が不自然に浮かび上がる。

直通ではなくて、アンコーナやボローニャで乗り換えたなら、ぐっと現実味がある。

37代引退公演・第21回スペシャルコンサートは明日。

4週間前から続けてきたスペシャルコンサートへの秒読みだが、今日で最後となる。現実とはいえ、切ない秒読みだった。

« 郊外電車 | トップページ | いよいよ今日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリアンエキスプレス:

« 郊外電車 | トップページ | いよいよ今日 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ