ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 嗚呼ハンブルク | トップページ | 空飛ぶハンブルク人 »

2014年5月14日 (水)

ジーメンス

ウェルナー・フォン・ジーメンス(1816-1892)はドイツの発明家、実業家である。電気技術の広大な領域で現在もなお有用な数々の発明をした。1847年にそれら発明の事業化のために会社を起こす。ジーメンス・ウント・ハルスケ社の創業だ。ベルリン-フランクフルト間の電信設備をプロイセンから受注するなど、あっという間に欧州屈指の巨大企業に成長した同社のハプスブルク支社長が、ブラームスとも交流があったリヒャルト・フェリンガーである。

特筆すべきは1879年の電気機関車の開発だ。蓄電池式ではなく集電式により走行する電気機関車による遊覧運転がベルリンで行われた。商用運転はやはりベルリンで1881年に実現した。しばしばベルリンを訪れたブラームスが電気機関車を目撃した可能性は否定できない。

« 嗚呼ハンブルク | トップページ | 空飛ぶハンブルク人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジーメンス:

« 嗚呼ハンブルク | トップページ | 空飛ぶハンブルク人 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ