ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 食堂車 | トップページ | サラエボ事件 »

2014年6月27日 (金)

食堂車2419D

史上最も有名な食堂車は、ワゴンリー社製造の「2419D」だ。同車は、退役後フランス軍に徴用され、第一次大戦の連合軍西部軍総司令官フォッシュ将軍の司令部として使用された。1818年11月11日パリ郊外コンピエーヌの森の引込み線上に置かれたこの車両の中で、連合軍とドイツ軍の間で休戦協定が結ばれた。戦後一旦ワゴンリー社に返還されたが1927年から展示公開された。

時は流れて第二次大戦。ヒトラーの侵攻に屈したフランスは、ドイツと休戦協定を結ぶことになるのだが、今度はヒトラーがこの車両を博物館から引き出して、コンピエーヌの森の全く同じ場所に置いて、調印の会場とした。

さらに時が流れ1944年には、敗色濃厚のドイツ軍により、破壊された。同車両が次のドイツ敗北の折に、何らかの形で使用されることを恐れたヒトラーの指示らしい。

« 食堂車 | トップページ | サラエボ事件 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食堂車2419D:

« 食堂車 | トップページ | サラエボ事件 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ