ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 説明不能 | トップページ | エシェデ »

2014年6月 2日 (月)

グリュックアウフ駅

Gluckauf(uはウムラウト)は、鉱山関係者間の挨拶。これから坑内に入ってゆく鉱夫たちに「無事でお帰り」と声掛けするニュアンス。ドイツブンデスリーガ所属の強豪シャルケは、鉱夫たちを集めたのがクラブの始まりだった。だから昔彼らのホームスタジアムは「グリュックアウフシュタデュオン」だった。ドイツの民謡にもなっていることは既に取り上げた。

何とこれが駅名になっていた。ヘンデルの故郷として名高いハレの西南西およそ100kmの位置にゾンデルスハウゼンがある。「Sondershausen」と綴る。街の中央にハウプトバーンホフがあって、その隣の駅が「Sondershausen-Gluckauf」駅だった。駅の北側には廃鉱山の印が3つ4つある。むしろ当然だ。鉱山との関連無しに「Gluckauf」が駅名になることなど有り得ない。

また、前に何もつかない単なる「Gluckauf」駅も発見できた。旧東ドイツでポーランド国境にも近いコットブス市内の狭軌鉄道線に「Gluckauf」駅があった。近くに鉱山のマークは見当たらないが、街自体が鉱山の街なので納得できる。

ドイツ国内は、彼らの産業革命を支えた鉱山が沢山あった。今は廃坑になっているものも多いけれど、地名や駅名に力強く痕跡をとどめている。

« 説明不能 | トップページ | エシェデ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリュックアウフ駅:

« 説明不能 | トップページ | エシェデ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ