ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 事故の特異日 | トップページ | 国境を縫う »

2014年6月 6日 (金)

駅名で見る国境

ドイツと国境を接する国は全部で9カ国。これを駅名を切り口に分類してみる。

  1. ドイツ語型 国境の両側ともドイツ語で理解可能。→スイス、オーストリア、ルクセンブルク、フランス
  2. ドイツ語併記型 国境の沿いの駅名にはドイツ語読みが併記される。→ポーランド
  3. ドイツ語近似型 国境沿いの駅名は明らかに地元語だが、そこはかとなくドイツ語が連想できる。→デンマーク、オランダ、ベルギー
  4. ドイツ語遮断型 全くドイツ語と無関係な駅名が並ぶ。→チェコ

おおよそ上記に分類できる。4番のチェコは徹底的。チェコとの国境は山だ。山を越えればそこは、全くの別言語の世界になっている。その他のパターンは川か平地なので、言語障壁が低いと思われる。国境の両側ともドイツ語圏ならば上記パターン1は当たり前だ。フランス領アルザスは、駅名上は完全にドイツ語圏と思われる。たとえばドイツ・カールスルーエからライン川をはさんだ対岸のフランス領Lauterbourg駅がある。「ラウターブルク」と読む。そこからアルザス地方の中心都市ストラスブールまでの全駅を以下に列挙する。

  1. Lauterbourg
  2. Mothern
  3. Munchhausen
  4. Seltz
  5. Beinheim
  6. Roppenheim
  7. Roesbourg
  8. Rountzenheim
  9. Sessenheim
  10. Drusenheim
  11. Herrlisheim
  12. Gembsheim
  13. Kilstett
  14. La Wanzenau
  15. Hoenheim
  16. Bischheim
  17. Strasbourg

以上だ。黙って見せたらドイツの駅だと思うだろう。両端の駅に「Bourg」があって、これがわずかなフランス語っぽい痕跡。元々は「Burg」だったはずだ。ドイツっぽい駅名だけを拾ったわけではなく全駅を拾っているところがミソだ。この調子でスイスのバーゼルまで続いている。国境の西側現フランス領は、ドイツ領だった時間が長く、人々がドイツ語を日常的に使用していると判る。

« 事故の特異日 | トップページ | 国境を縫う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅名で見る国境:

« 事故の特異日 | トップページ | 国境を縫う »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ