ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« フェン鉄道 | トップページ | 廃線網 »

2014年7月10日 (木)

Kanonenbahn

大砲鉄道とでも訳すといい。物騒な名前。1871年普仏戦争に勝利し、ドイツ帝国を立ち上げたプロイセンは、敗戦国フランスにアルザス・ロレーヌ地方を割譲させた。その中心都市がメツだ。ドイツ帝国の領国経営の中心になる。そのメツにむけて帝国首都ベルリンから鉄道を敷設することになった。着工は1872年で1880年全線開通。総延長およそ800kmのうち、300kmは既存線路を流用し、新規は500kmだ。

完成年から見てブラームスがここを通った可能性は残るものの、望み薄だ。なぜなら軍事物資の輸送に特化して、ハレ、マクデブルク、ゲッティンゲン、エアフルトなどの都市を巧妙に避けたルートになっている。一般客がわんさか集まる路線設定ではない。むしろ一般客に気兼ねせずに思う存分物資輸送をするために敷かれたと申してよい。

第一次大戦で同領土はフランスに復帰したから、存在意義が減じられてしまったものの、現在もその一部が使用されている。

そう、大砲など軍事物資を乗せた鉄道だというのがKanonenbahnという名称に反映している。

« フェン鉄道 | トップページ | 廃線網 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kanonenbahn:

« フェン鉄道 | トップページ | 廃線網 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ