ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ICE専用軌道 | トップページ | ラプソディー寿 »

2014年7月26日 (土)

インゴルシュタット経由

今や2年前となったドイツ旅行。旅行代理店のセッティングの範囲内でも、十分に楽しめる旅行だったのだが、長男と私は策をめぐらせた。ポイントは2012年4月2日の午後、ニュルンベルクで半日の自由行動の時間をどう過ごすかだった。

せっかくのドイツで何とか鉄道に乗りたいと欲して、ニュルンベルクから1駅だけICE乗車にトライするというものだった。クララの訃報に接して、イシュルから急遽フランクフルトに向かうブラームス傷心の旅路と重なるレーゲンスブルク-ニュルンベルクを含む旅程と決めた。ここまではよい判断だったが、単にニュルンベルクとレーゲンスブルクの往復にしたのが、無策だった。同じ線を行って帰るだけというのは、いかにも芸がなかった。

13時28分ニュルンベルクから真南にインゴルシュタットに向かう。この区間はドイツが誇るICE専用線で、時速300km運転が行われている。インゴルシュタット駅の直前にアウディトンネルをくぐる。距離にして90kmのインゴルシュタットには14時01分に着く。平均時速で180kmとはさすがだ。ここからは在来線に乗り換える。14時32分発のニュルンベルク行き各駅停車だ。ニュルンベルク着は15時32分。平均時速は70kmになってしまうから、ICEの速さを実感する。ここで1時間の待ち合わせの間にドナウ川岸まで往復する。

レーゲンスブルク発は16時29分で、ニュルンベルク着は17時25分だからホテルでの夕食にピタリと間に合ったはずだ。絶対にこのルートにするべきだったが、後の祭り。

« ICE専用軌道 | トップページ | ラプソディー寿 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インゴルシュタット経由:

« ICE専用軌道 | トップページ | ラプソディー寿 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ