ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 廃線網 | トップページ | お盆のファンタジー17 »

2014年7月12日 (土)

都市間移動

正確な定義は私の手に余る。

東京の新宿を基点に考えてみる。池袋や渋谷に行く場合には、「都市間移動」とは多分言わない。多分中野や錦糸町でも言わないだろう。八王子や川崎になると怪しいが、利用者の感覚では多分、都市内移動の気軽な感じだ。千葉や横浜だと「都市間移動」と言えそうだが、気分はまだまだ手近だ。小田原、宇都宮くらいになると自信も出て来る。

ブラームスの時代に当てはめてみる。大作曲家と認知されて以降、ブラームスは演奏旅行で各地を回った。とはいってもそこそこの大きな街が訪問の対象だ。ブラームスは30歳代以降、都市間移動を繰り返す生活をしていたことになる。

嬉しいことだ。その際の交通手段はほぼ鉄道であったと断言していい。いやむしろ鉄道の登場こそが、都市間移動を庶民に解放したととらえるべきだ。やがて都市間移動の手段は、遅れて台頭した自動車や航空機に侵食されて行き、現代ドイツにおける旅客都市間移動のシェアでは、それら両者に抜かれてしまっているのだが、ブラームスが生きた19世紀後半は、鉄道の黄金時代だった。

だからブラームスの生涯を解きほぐす際に、座右に備えるべきは「鉄道地図」のほうがよい。「道路地図」を補完的に用いて、情報の偏りを補正することは必要だが、メインは鉄道地図であるべきだ。現代鉄道の産物である高速鉄道ICE専用線さえ脳内消去すればよい。道路地図からアウトバーンを無視するより効率がいい。

現代の日本で、ドイツの鉄道地図と道路地図を入手する難易度を考えると、道路地図の方が格段に容易だ。価格も安い。鉄道地図になるとブラームス像のふくらみが違う。ブラームスの都市間移動を想像する際に、その経路が本当にリアルに特定できる。

« 廃線網 | トップページ | お盆のファンタジー17 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都市間移動:

« 廃線網 | トップページ | お盆のファンタジー17 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ