ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 七夕の願い事 | トップページ | フェン鉄道 »

2014年7月 8日 (火)

カルテンバッハ考

音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第2巻181ページに、ホイベルガーがブラームスに診察を薦める記述がある。1896年7月7日、外観の変わりように驚いたホイベルガーが思い切って本人に忠告したというものだ。

その場所が、「ザルツカンマーグート鉄道線」の「カルテンバッハ駅」だったと書かれている。ずっとこのカルテンバッハがわからなかった。現代断りなく「ザルツカンマーグート線」といえばオーストリア国鉄のアットナングプヒハイムからシュタイナハ・イルドニングを結ぶ路線を指す。有数の景勝路線だから、ガイドブックにも載っていることが多い。

ところが、地図にもガイドブックにもカルテンバッハが見当たらない。はるか彼方のツィラータール線にはカルテンバッハがあるので、ホイベルガーの記憶違いかとも思っていた。「散歩の途中で」とも書いてあるからイシュルから徒歩圏内でなければならないのが厄介だ。

このほど思わぬところから謎が解けた。記事「廃線マニア」で言及した鉄道、イシュルからザルツブルクに抜ける狭軌鉄道がそのヒントだった。1890年開業で、1950年には廃止されたザルツカンマーグートローカルバーンという鉄道、略してSKGLBである。これが「ザルツカンマーグート鉄道線」と訳されていたということだ。まさか廃線だったとは。ブラームス本の訳者にそこまでの掘下げを求めるのは酷というものだ。

1890年にイシュル市街の西の端にあるイシュル駅を起点にヴォルフガング湖南を抜けてザルツブルクに至る軌道幅762mmの路線として開業し、その4年後1894年には国鉄イシュル駅まで延伸した。その延伸した部分に駅が一つ設けられた。まさにそれこそがカルテンバッハ駅だった。イシュル市街の南端にある。ホイベルガーの証言は1896年だから延伸後にあたる。

回想録の記述には何の矛盾もない。病身のブラームスがあまり遠出をしたとも思えないので、イシュル市街に南接するという立地は「散歩の途中」という表現にあう。この記事本来は7月7日に公開したかったのだが、長男の七夕プラレールネタに譲って本日の公開となった。

« 七夕の願い事 | トップページ | フェン鉄道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カルテンバッハ考:

« 七夕の願い事 | トップページ | フェン鉄道 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ