ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« リリプットバーン | トップページ | 協奏曲のカテゴリー »

2014年7月30日 (水)

カーレンベルクバーン

「Kahlenbergbahn」と綴る。ウィーンの北郊ヌスドルフとカーレンベルク山頂を結ぶラック鉄道。全長5.5kmで標高差314mを駆け上がる登山鉄道だ。わずか1年で営業停止になったレオポルドベルクのケーブルカー同様、ウィーン万博を当て込んだと思われる1874年の開業だが、こちらは1922年まで運行されていた。軌道に歯車を伴うという珍しい鉄道だから、話題にはなっていたと思われる。

始発のヌスドルフを出てすぐ次の駅がグリンツィンク駅だ。グスタフ・マーラーの墓があるところとして有名である。何より始発駅のヌスドルフは、ホイベルガーたちとしばしばハイキングに出かけているから、ブラームスもこのラック鉄道を見ているはずだ。

終点のカーレンベルクにだって出かけている。音楽之社刊行の「ブラームス回想録集」第2巻249ページ。リヒャルト・フェリンガーはブラームスがカーレンベルクにハイキングに出かけたと記述している。年代の記載が無いもののおそらく1887年だと訳注が振ってある。

証言者たちの関心が巨匠ブラームスにばかり向いていて、鉄道にはからきしなのが残念だ。

« リリプットバーン | トップページ | 協奏曲のカテゴリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーレンベルクバーン:

« リリプットバーン | トップページ | 協奏曲のカテゴリー »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ