ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 博物館好き | トップページ | そりゃまずかろう »

2014年7月23日 (水)

3線の記憶

複線か複々線が馴染み深い日本では、3線の併走は少数派だ。先般のドイツ旅行で最初に泊まったレヴァークーゼンのホテルから、レヴァークーゼンミッテ駅が近かった。当然駅に出向いたが、それが何と3線だった。ドイツではこんなものかと思って気にも留めなかったのだが、最近はまっている「アイゼンバーンアトラス」で確認すると、3線になっているのは、レヴァークーゼンミッテ駅の前後だけで、両隣のバイヤーヴェルク駅とキュペルステーク駅は複々線になっている。

レヴァークーゼンミッテ駅は人口13万人を擁する同市の中核駅なのに、その周辺だけ複々線が途切れているのは、大変不思議だ。市の表玄関の駅がなんだか邪険にされている感じがする。

市の成り立ちを考えると少しは合点がゆく。そもそも同市は100万都市ケルンの北に位置するベッドタウンという側面がある。近郊鉄道のSバーンはそのケルンから伸びてくる。さらに同市は大製薬会社バイエルの企業城下町にもなっている。レヴァークーゼンミッテ駅の一つ手前の、バイエルヴェルク駅は文字通りバイエル工場の意味だ。

それにしても、「EISENBAHNATLAS」恐るべしだ。線路が3線か複々線か律儀に書き分けている。旅の記憶がまざまざとよみがえる。

« 博物館好き | トップページ | そりゃまずかろう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3線の記憶:

« 博物館好き | トップページ | そりゃまずかろう »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ