ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ワイン列車 | トップページ | デビュー戦の相手 »

2014年8月 3日 (日)

ワイン本線

ライン右岸線の駅の話だ。ライン川東岸を北から南に遡るとしよう。ローレライを過ぎて3つ目の駅がロルヒだ。「Lorch」と綴る。そこから各駅停車に駅を列挙する。

  1. Lorch
  2. Assmanshausen
  3. Rudesheim
  4. Geisenheim
  5. Oestlich-Winkel
  6. Hattenheim
  7. Erbach
  8. Eltville

何と言うことはないドイツにありがちな地名の羅列なのだが、ドイツワイン愛好家はこれだけで頭に血がのぼるハズだ。モーゼルとともにドイツワインの頂点に君臨するラインガウの心臓部だ。これらの地名は同時に高級ドイツワインのブランド名にもなっている。

2番のアスマンスハウゼンの少し南でライン川が大きく曲がり、しばらく東西に横たわると、やがて3番のリューデスハイム。ここはブラームスゆかりの地。この地のワイン業者の妻がベッケラートといい、名高い肖像で有名だ。第三交響曲のために滞在したヴィースバーデンではブラームスを手厚くもてなした。食卓にはラインワインがあったに違いない。

4番は世界的に有名なワイン醸造大学がある。5番目のOestlich-Winkelは2つの地区の合成駅名で、どちらも名高い吟醸地だ。シュロスヨハニスベルクもこの近くだ。何やらフランスっぽ7番エルトヴィレから北上して谷あいに入るとブランド畑のオンパレードだ。

« ワイン列車 | トップページ | デビュー戦の相手 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワイン本線:

« ワイン列車 | トップページ | デビュー戦の相手 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ