ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« Vienenburg | トップページ | 中央突破 »

2014年8月14日 (木)

ヨーロッパ分水界

ドイツ語で「Europasche Wasserscheid」と綴る。いかにも大袈裟だが、これがドイツの鉄道名所になっている。シュトゥットガルトの東およそ72kmに、アアレン(Aalen)という街がある。ここから南に非電化のローカル線ブレンツバーンは分岐する。コッヒャー川の谷あいを遡ることおよそ10km少々でオーベルコッヘン駅に着く。その南南西1kmにコッヒャー川の水源がある。

オーベルコッヘン駅の次の駅はケーニヒスブルン駅。同駅の北西2kmのところに、ブレンツ川の水源がある。両水源は5kmも離れていない。

前者コッヒャー川はやがてネッカー川に注ぐので、ライン川水系。一方のブレンツ川はドナウ川に注ぐからドナウ水系だ。つまりオーベルコッヘン駅とケーニヒスブルン駅の中間で分水界を越えるということだ。たしかにドナウとラインは欧州を代表する大河なのだが、これを「ヨーロッパ分水界」と名づけているというのがほほえましい。

バイエルン州を南と北に分けるのはシュヴァーベンアルプスとフランケンアルプスだが、本日話題のヨーロッパ分水界はシュヴァーベンアルプスの山中にある。シュヴァーベンアルプス自体がラインとドナウの分水嶺だから、これを越える鉄道路線は皆「分水界」を通過するのだが、水源同士がこれほど近い上に、その両水源のすぐそばを通過する路線は大変珍しいのだ。

ブラームスがここを通過したことがあるかどうかは、不明。

« Vienenburg | トップページ | 中央突破 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパ分水界:

« Vienenburg | トップページ | 中央突破 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ