ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 協奏曲のカテゴリー | トップページ | ワイン列車 »

2014年8月 1日 (金)

一家の名前

1838年1月6日にフローリッツドルフとドイチュワグラム間に開通したオーストリア初の鉄道は、正式には「Kaiser Ferdinando Nordbahn」という。時の皇帝フェルディナンド1世に因む命名だ。オーストリア初期の鉄道は、そのときどきの皇帝など、王室の中心人物の名前が付けられた。

  1. 1838年 Kaiser Ferdinando Nordbahn オーストリア初の鉄道。プラハ、ドレスデンを経てベルリンにつながり、果てはハンブルクに抜ける。
  2. 1858年  Kaiserin Elisabeth Bahn リンツ、ザルツブルクを経てインスブルックに。現代のウエストバーン。バイエルン出身のエリザベート王妃の名前がつくのは自然。里帰りには利用したはずだ。第一次大戦後、領土が大きく目減りした今、オーストリアに残る最大の幹線だ。
  3. 1866年 Kaiser Franz Josef Bahn グミュンドからチェコ・ブジェヨビチェに抜ける。今は幹線とはいえない。
  4. 1868年 Kronprinz Rudolfs Bahn 1888年に自ら命を絶った皇太子の名前がここに残る。母后妃の名前にちなんだ「Kaiserin Elisabeth Bahn」から分岐して南に向かい、ヴィラハからイタリアに抜ける。後に建設されたイシュルに行くザルツカンマーグート線は、支線の一つだ。

ブラームスはどれにも乗っている。

  • « 協奏曲のカテゴリー | トップページ | ワイン列車 »

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: 一家の名前:

    « 協奏曲のカテゴリー | トップページ | ワイン列車 »

    フォト

    ブラームスの辞書写真集

    • Img_0012
      はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
    2020年9月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30      
    無料ブログはココログ