ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 首都のクラブ | トップページ | ヨーロッパ分水界 »

2014年8月13日 (水)

Vienenburg

ブラウンシュヴァイクの南40kmにある駅。魔女の宴会で名高いブロッケン山北麓だ。1840年開業の小さな駅なのだが、この駅は現役で使用されている駅舎としてドイツ最古である。現在でこそ幹線からはずれているのだが、普墺戦争まではドイツ東西交通の要衝でもあったからハンブルクからゲッティンゲンに向かう際には、通ったと思われる。

そもそも今でこそ、現役最古駅の座に君臨する同駅だが、ブラームス在世当時はもっと古い駅が現役だったハズなので、アガーテに会うために先を急ぐブラームスがスルーしていたとしても文句は言えまい。

« 首都のクラブ | トップページ | ヨーロッパ分水界 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vienenburg:

« 首都のクラブ | トップページ | ヨーロッパ分水界 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ