ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« プラハ発ウィーン行き | トップページ | 威容 »

2014年9月 8日 (月)

ネラホセヴェス

ベルリンからドレスデンを経てプラハ、やがてウィーンへと走る特急列車「ヨハネス・ブラームス」号がウスティ・ナド・ラベム駅を16時19分に出発する。そこからおよそ30分プラハ駅とのほぼ中間点にあるのが無人駅ネラホセヴェスだ。ヨハネス・ブラームス号はもちろん通過する。スメタナの交響詩で有名なモルダウ川とエルベ川の合流点も近いその無人駅の至近にアントニン・ドヴォルザークの生家がある。生まれてから13歳までを過ごした家だ。

後年ドヴォルザークは鉄道を愛した。生家が駅前にあるという環境が少なからぬ影響を与えたと感じる。

プラハとウィーンの間を往復するアントニン・ドヴォルザーク号はネラホセヴェスを通ることは無いのは残念だ。ドレスデン発にしてネラホセヴェスに停車させるくらいの粋な計らいを期待したところだ。

« プラハ発ウィーン行き | トップページ | 威容 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネラホセヴェス:

« プラハ発ウィーン行き | トップページ | 威容 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ