ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 威容 | トップページ | 三等の客 »

2014年9月10日 (水)

ドヴォルザークの初乗車

鉄道マニアだったドヴォルザークが、初めて列車に乗ったのはいつのことか、伝記の記述を元に検証したい。

  1. 1851年 プラハからドイツ・ザクセンに抜ける路線が開通した。ドヴォルザークの生地ネラホセヴェスは、この幹線上でプラハの北30kmにある。10歳のドヴォルザークが鉄道を目撃したことだけは間違いが無い。
  2. 1853年 伯父のいるズロニツェに下宿。西に4時間。馬車で行くしかなかった。
  3. 1856年 北方ザクセンとの国境に近いチェスカカメニツェで肉屋の修行。デェチンの東数十キロの位置だが、当時は鉄道が通じていない。デェチンまで鉄道で行き馬車に乗り換えたかもしれない。
  4. 1859年 プラハのオルガン学校に入学。このときプラハまで鉄道を使った可能性がある。
  5. 1863年 ハンブルクに行く。いくらなんでもさすがにこれは鉄道だ。

ドヴォルザークの実家は貧しかったと伝えられている。当時の鉄道運賃が庶民には少々お高かったとも言われているから、万全を期するならば上記5が本命だが、少々のお金が工面できたなら、上記3も捨てがたい。あるいは、心情的には上記1の後、何らかの機会に乗車できた可能性も夢見ている。

« 威容 | トップページ | 三等の客 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドヴォルザークの初乗車:

« 威容 | トップページ | 三等の客 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ