ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« フランツ・バルツァー | トップページ | 中央停車場 »

2014年10月14日 (火)

陣中見舞い

次女の後輩たちのコンクール挑戦の話。一昨日コンクール千葉県大会があった。そこに登りつめて行く、乙女たちの格闘は凄絶だ。たとえばリスト「前奏曲」の冒頭の厳粛なピチカートの前提となる沈黙を、時間をかけて磨き上げて行く。100m先で針が落ちても判るかのような、極度の緊張を何度も何度も体験する。あのピチカートの意味から逆算された沈黙。全員がその意味を腹に入れている。音楽なのに音を出さないという練習だ。

親は見守るだけ。親の集まりである後援会には、コンクール当日、飲み物と軽食を差し入れる習慣がある。決戦の場に臨む娘たちへのせめてものサポートだ。毎年恒例のお店に頼んでいたのだが、今年に限って演奏開始時刻が繰り上がったために、納品が間に合わないことになった。

そりゃ困る。断じて困るとばかりに、母たちが知恵を絞って到達した結論がこれ。

20141012_102247

乙女たちが利用する通学路に、メロンパン専門店がある。大抵の子が立ち寄ったことがあるなじみの店。決戦の日曜日は定休日だが、事情を説明してお願いした結果、当日お店を開けてくれるばかりか、子どもたちのためにおよそ100個のメロンパンを朝焼いてくれることになった。約束の9時半に伺うと1個1個を丁寧にオリジナルの紙袋につめてくれていた。車の中によい香りが充満する。親の我々の心を見透かすかのような思いやりにただ感謝した。

本番演奏の前に、子どもたちはそのメロンパンを口にする。ということは、演奏中彼女らの胃袋の中にとどまっていることになる。親の気合いとともにコンクール本番に挑むことに他ならない。

結果は吉と出た。金賞受賞とともに、2週間後の全国大会への出場権を獲得した。野球で言えば甲子園。メロンパン屋さん本当にありがとう。

子どもたちを厚く取り囲む先生、講師、親、OG、OGの親、それぞれのコンクールにかける数え切れない思いが錯綜した一日だった。夜は当然のように打ち上げ。帰宅後に記事が書けず、一日遅れの報告となる。だから今日鉄道記念日に公開予定だった記事を昨日に前倒しした。それほどまでしても断固残しておきたい話。何としても。

おめでとう。

« フランツ・バルツァー | トップページ | 中央停車場 »

コメント

親1さま
さっそくのお礼参りありがとうございます。
大願成就にお礼参りは、欠かせません。
これで、全国大会で神様を味方にすることが、出来ます。
わたしも2個買いました。

メロンパンダ
駅から近いですね!
子供の数だけ、3個買いました。

わざわざ
駅から歩きましたよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陣中見舞い:

« フランツ・バルツァー | トップページ | 中央停車場 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ