ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ジーネンツェッペリン | トップページ | 「X」で始まる駅 »

2014年11月 9日 (日)

居ても立っても

いやはや退屈しない。「ドイツ鉄道地図」のことだ。線路の分岐点の名前もキチンと載っている。駅以外で路線が分岐する場合には、分岐点横にその名前が律儀に記されている。それら全部に言及することなんぞ出来はしないのだが、一つだけ是非とも触れておきたい。

ハンブルクとエルベ川をはさんだ対岸、少々下流寄りに「Stade」という街がある。ハンブルクよりは小さいけれど港町。駅からエルベ河岸に向かって貨物線が敷かれている。その貨物線が、駅の北東3kmのところで分岐している。その分岐点につけられた名前が本日の話題。

「Stade Symphonie」

なんだという感じ。鉄道地図に音楽を思わせる文言は大変珍しい。由来を調べようにも、手掛かりがほとんどない。旅客列車は通らぬ貨物線の分岐点など、ネット上で話題にもならない。伊達や酔狂でつく名前とも思えず、よっぽどのいわれがあるに決まっている。

« ジーネンツェッペリン | トップページ | 「X」で始まる駅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 居ても立っても:

« ジーネンツェッペリン | トップページ | 「X」で始まる駅 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ