ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 静寂車両 | トップページ | ブライトシュプールバーン »

2014年11月 5日 (水)

お召し列車

国王や皇帝を乗せる列車のことだ。もちろん天皇も含まれる。ブラームスの生きた時代には、これらの人々の長距離の移動に鉄道が用いられ始めた時代だから、各国王室でお召し列車が仕立てられた。

バイエルン王ルートヴィヒ2世は、何かと煩雑なミュンヘンを嫌い、シュタルンベルク湖畔のベルクで過ごす時間が多かったし、公式非公式を取り混ぜあちこちを旅行したから、お召し列車には大きなニーズがあった。彼のイメージカラーであるところのロイヤルブルーを基調にした華麗なお召し列車が仕立てられた。

ニュルンベルクの鉄道博物館には、ルートヴィヒ2世のお召し列車が収蔵されているのだ。そしてそれは、皮肉なことにビスマルクの専用列車と並んで展示されていた。

« 静寂車両 | トップページ | ブライトシュプールバーン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お召し列車:

« 静寂車両 | トップページ | ブライトシュプールバーン »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ