ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 独奏者の旅路 | トップページ | カール・ベデカー »

2014年11月 2日 (日)

駅の向き

ドイツで鉄道が発達し始めた頃、首都ベルリンからは放射状に路線が伸びていた。どの方面に向かうかによって、駅が別になり向かう方面の地名が駅名にされていた。北に向かう線の駅なら、ホームは南北に伸びるし、西や東に向かう線の駅なら、ホームは東西に走る。ホームの向きは駅が設営された当時の事情を反映しているということだ。

東京駅はほぼ南北だ。北の玄関上野と、南の玄関新橋を線路で結び、その中間に東京中央駅を作るという構想の反映だからだ。

ライプチヒ中央駅は貫禄ある頭端型で、線路は南西に向かって行き止まりになっている。当初の鉄道はザクセン王国の首都ドレスデンと結ぶ鉄道だったから、ホームは北西から南東に向かって伸びているのが自然だ。ドレスデンからの線路なら南東から来るに決まっているからだ。

実際にそうなっていない。線路の向きからして北東からの線路を受け入れやすいようにと配慮している。これは想像だが、ドレスデンからの路線が先に開業したものの、いずれ路線はベルリンに向けて延びてゆくという計画が既に存在したのだと思う。ライプチヒ駅のあの向きは、ドレスデンにもベルリンにも線路を伸ばしやすい角度だ。その代わり、ミュンヘンやニュルンベルクに向かうには大きく線路を反転させる必要があった。

一方のミュンヘン。バイエルン王国首都の中央駅は東西に走り。東に向かって行き止まりになっている。ウィーンやベルリンからの路線が想定されていないということだ。西からの線を受け入れやすい構造になっている。カールスルーエやシュトゥットガルトを想像してはスケールが小さ過ぎる。おそらくパリが考慮されたと見るべきだ。

« 独奏者の旅路 | トップページ | カール・ベデカー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅の向き:

« 独奏者の旅路 | トップページ | カール・ベデカー »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ