ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 多忙非反映 | トップページ | 鉄道のための独和辞典 »

2014年11月12日 (水)

旅客運賃

ブラームスの時代、鉄道の運賃がどうなっていたかを調べていたら興味あるデータに出会った。河出書房刊行の「世界鉄道史」の381ページに、英国の運賃が「1等1マイルで2ペンス」と出ている。さらに続けてプロイセンの運賃がこれに似ていると書いてある。

  • 240ペンス=1ポンド
  • 1ポンド=4.5円 米欧回覧実記1873年頃
  • 1円=4マルク 森鴎外「独逸日記」1884年
これらから強引に換算すると2ペンスはおよそ0.15マルクになる。プロイセンの鉄道1等車で1マイル行くとおよそ0.15マルクかかる。3等でよければこの半額になるという。フランスやイタリアにおけるマイルあたりの運賃はプロイセンより25%安かったらしい。
  1. ハンブルク-ベルリン 178マイル およそ27マルク。現代通貨では13500円。
  2. ハンブルク-ウィーン 690マイル 104マルク。現代通貨では52000円。

下級労働者の月収がおよそ84マルクだから、なるほど高い。ちなみに1900年の時点で東京神戸間600km357マイルの運賃が3円83銭。無理やり現代の感覚に置き換えるとおよそ15000円。

  • « 多忙非反映 | トップページ | 鉄道のための独和辞典 »

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: 旅客運賃:

    « 多忙非反映 | トップページ | 鉄道のための独和辞典 »

    フォト

    ブラームスの辞書写真集

    • Img_0012
      はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
    2020年2月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    無料ブログはココログ