ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 鉄道のための独和辞典 | トップページ | 窓側の席 »

2014年11月14日 (金)

無いものねだり

Schweers+Wall社の「ドイツ鉄道地図」にはとことん感心している。なんだか凄い。驚くことだらけだ。だからという訳ではないが、「あったらいいな」的なわがままも噴き出してきた。この際列挙する。

  1. 駅が全部載っていて嬉しいのだが、ついでにそれら駅の開業年月日を載せて欲しかった。
  2. 閉鎖された駅まで載っているのは、大変重宝するのだが、ついでに閉鎖日を乗せて欲しかった。
  3. 駅の改名があったに決まっているが、改名の履歴を載せて欲しかった。
  4. 駅同様に路線の開業年月日が欲しかった。
  5. 巻末のトンネル索引と同じ要領で、鉄橋索引が欲しかった。
  6. 鉱山や工場がマメに載っているのは素晴らしい。欲を言えば索引にしてほしかった。
  7. 主要な駅の配線図が欲しいところだ。
  8. 一般の鉄道、Sバーンの充実っぷりに比べて市電の記載には改善の余地がある。全駅の記載は必須だろう。
  9. 刊行の対象が、ドイツ、オーストリア、スイス、イタリアの4カ国に限られているのが残念だ。チェコ、ポーランド、ハンガリー、オランダ、ベルギー、デンマーク欲を言えばフランスくらいにまで広げて欲しい。とりわけチェコだ。現代でもチェコの鉄道の密度はものすごいし、ブラームスやドヴォルザークの旅路を検証するために必須だ。
  10. 同じノリで日本版も欲しい。少なくとも凡例の部分が日本語で読めるようになるからだ。

誉め言葉は、とうていこの程度では収まらない。この10倍のスペースが要る。だからこそ、「あったらいいな」を列挙する意味がある。

« 鉄道のための独和辞典 | トップページ | 窓側の席 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無いものねだり:

« 鉄道のための独和辞典 | トップページ | 窓側の席 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ