ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« チコリ | トップページ | マルクスの見解 »

2014年12月11日 (木)

Muckefuck

ドイツ語で「代用コーヒー」のこと。味の薄い代用コーヒーを指すので、どちらかというと好ましからざるニュアンスを持つ。

ナポレオンの大陸封鎖は、英国に対する制裁だったのだが、とばっちりは欧州大陸にも及んだ。プロイセンへの影響は深刻だった。何と言ってもコーヒーだ。当時市民にとってなくてはならない存在になっていたコーヒーの値段が跳ね上がった。ナポレオンはその重要度を十分認識していたと見えて、コーヒーの英国での価格を大陸封鎖令の遵守度を測る目安にしていたという。つまり英国のコーヒーの価格が上がると、英国から大陸にコーヒーが輸出されていることの裏返しだからだ。イタリアなど地中海経由で入手出来るバイエルンは、まだしもハンブルク経由のプロイセンは絶望だ。

コーヒーと同時に消費される砂糖は甜菜という優秀な代用品が発見されたのだが、コーヒーは試行錯誤を重ねながらも決定打が出なかった。以下その試行錯誤の一例を列挙する。

  1. 麦芽
  2. 大麦
  3. ライ麦
  4. サトウキビ
  5. いちじく
  6. ダイズ
  7. どんぐり
  8. ダリアの球根
  9. タンポポの根
  10. ゴボウ
  11. アーモンド
  12. えんどう豆
  13. ヒヨコマメ
  14. レンズマメ
  15. アスパラガス
  16. スモモ
  17. ホップ

記事「チコリ」で紹介したチコリの代用コーヒーは、これらの試みの頂点に位置すると思っていいい。こうしたコーヒーへの情熱が、1813年の諸国民戦争につながったと位置づける学者もいる。

« チコリ | トップページ | マルクスの見解 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Muckefuck:

« チコリ | トップページ | マルクスの見解 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ