ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« カフェザッハー | トップページ | カフェで注文 »

2014年12月 1日 (月)

カフェテリア方式

様々な料理が調理済摂取可能な状態で並べられ、利用者が好きな料理を取り、最後に取った分だけ代金を払うシステムのことだ。学生食堂や社員食堂ではおなじみである。利用者にとっては選択の幅が広がるし、店にはコスト節約のメリットがあるという。食べ物の好き嫌いを矯正する効果は低いと思われる。1人1回いくらで食べ放題のバイキングとは違って、元を取った取れないという議論はおきにくい。

私のブログ「ブラームスの辞書」が目指すのもこのシステムだ。毎日読んでくれるコアな読者を別とすれば、大抵は興味のある記述が拾い読みされるのだと思う。ブログの訪問者はサイドバナーに並んだカテゴリーから好みの記事にたどり着けるという訳だ。あるいはブログ内検索でキーワードから探し当てることも出来る。メニュウは毎日1つずつ追加される。

カテゴリーの数がやたらに多いのはそのせいだ。メニューは多彩な方がいい。気をつけねばならぬのは、私自身の興味が偏在することによってカテゴリー毎の記事の厚みに差が出ることだ。それを個性だと言って開き直るのも気が引けている。極端に薄いカテゴリーがないよう気を配りたい。

将来的には、記事がもっと堆積して一つのカテゴリーに数百の記事が存在するようになったら、きっと困ると思う。課題である。

もちろん最後にレジに並ぶ必要が無いのが最大のセールスポイントだ。

« カフェザッハー | トップページ | カフェで注文 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/40379668

この記事へのトラックバック一覧です: カフェテリア方式:

« カフェザッハー | トップページ | カフェで注文 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ